本文へスキップ

キャッチフレーズ「すてきな笑顔にあいたくて」のもとに、さまざまな事業を積極果敢に展開していきます。

経営理念

経営理念 わたしたちは、地域に愛され、信頼されるナンバーワンのパートナーをめざします

 わたしたちJA山口大島は、地域農業の振興をはじめ、組合員と家族、そして地域の皆さまの「しあわせづくり」のお手伝いをするため、キャッチフレーズ「すてきな笑顔にあいたくて」のもとに、さまざまな事業を積極果敢に展開していきます。
 そして、事業を通じて地域でナンバーワンのサービスを誇れるJAをめざします。
 また、組織・事業・運営の改革によって経営体質を強化し、信頼される強固な財務基盤を築き上げ、協同組合組織としての永続的な発展をはかります。


代表理事組合長メッセージ

CEO

平成29年度 事業開始にあたって

 日本経済は金融緩和政策のもと経済の好循環をめざしており、雇用環境の改善や株価堅調など一部明るい兆しはみられるものの、その効果は充分とは云えません。

 世界の政治、経済情勢も米国新政権の政策や英国のEU離脱、テロや政情不安国の動向、さらには自国中心の保護主義の流れなど懸念要素も多く、先行きは不透明な状況が続くものと思われます。

 農政面では農協法や農業委員会制度の改正に加え、規制改革会議からの急進的な農協改革を求める意見が出される中で、自主自立の協同組合としてスピード感をもった創造的自己改革が求められています。

 そうした中で、当JAとして管内農業の状況や組合員・地域住民の置かれた状況を把握しながら、昨年の総代会でご承認いただきました経営基盤の強化をおこなった上での農業振興、営農や生活に直結したライフラインの維持という理念に沿った「支所・店舗の再編」の具体的な実践の年となります。このことにつきましては大きな機構変更や設備投資を伴います。

 また今年度は、県下1JA構想実現にむけての実践具体策のとりまとめを踏まえての、合併契約の締結、合併承認臨時総代会での決議等、組織合意に向けた重要な年となります。

 このように、平成29年度はかつて無いような大きな変革の年となりますが、各事業の基本方針に沿って、組合員・地域の皆様の負託に応え信頼される運営事業に役職員一丸となって取り組んで参りますので、更なるご理解とご支援を賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

                                     平成29年4月1日
                                       代表理事組合長  吉村 基

 


     

平成28年度の事業計画基本方針

バナースペース

山口大島農業協同組合

〒742-2301
山口県大島郡周防大島町大字久賀4723番地

TEL 0820-72-0100
FAX 0820-72-0955

JA山口大島青壮年部事務局

〒742-2301
山口県大島郡周防大島町大字久賀4723番地

TEL 0820-72-0970
FAX 0820-72-0955